忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノシ⇒ランキング

<日本人が見た中国>このままでよいのか?日本の外国人受け入れ態勢
2月9日14時4分配信 Record China

昨年になる09年末、日本に帰る飛行機の中でのことだ。

もうすぐ着陸というとき、隣にいた中国人のおばあさんが私に話しかけてきた。「空港からどうやって出るか分からないから、出口まで連れて行ってくれませんか?」断る理由もないので、「いいですよ。」と言って一緒に空港の出口まで行くことにした。

おばあさんは70歳くらいで、他に小学校低学年の孫2人を連れていた。彼らの両親は日本で働いており、普段はおばあさんが孫の面倒を見ているそうだ。今回、日本に来たのは孫が日本で両親と暮らすためらしい。孫2人では飛行機に乗れないため、保護者として、おばあさんが付き添いで来たのである。

飛行機を降り空港内をしばらく歩くと、入国審査ゲートについた。書類に記入して審査を通ったら出口だということを伝えて、別れを告げようとすると、おばあさんに書類を書いてほしいと頼まれた。

「私、字が読めないのよ」おばあさんはそう笑って言った。初めは冗談かと思っていたが、本当のようだ。審査書類にサインをするときも、おばあさんは自分の名前の漢字が書けないため、私に代わりにサインするように頼んできたくらいである。

最終的におばあさんたちは無事に入国審査を終え、家族に会うことができたのだが、私は空港の受け入れ体制に対して少し不安を感じた。

字の読めない老人や幼い子供たちが家族に会うために、飛行機に乗って日本にやってくる。今回は、私がたまたま出会っただけであるが、空港にたどり着く人の中には、同じような人がまだまだいることであろう。(現にその日はもう1人、空港内で道に迷っていた中国の女の子を助けている。)字が読めないとは言わないまでも、日本語も英語も解さない外国人が日々、数多く来日しているであろうことは想像に難くない。

子供を中国に置いて日本で生活する中国人夫婦。私の知り合いの中にも、そのような中国人はたくさんいる。両親が出稼ぎで家にいないというのは中国映画でよく見るシーンであるが、日本もそれと無縁ではない。

2008年、日本政府による「留学生30万人計画」が発表された。これからますます日本に住む中国人は増えるだろう。そして、その家族に会うために、字の読めない老人や幼い子供たちが1人で日本にくるという状況も、当然ながら増えるにちがいない。留学生30万人計画を本当の意味で成功させるためには、日本の空港、そして政府が、そのような人たちにも対応できるような対策を考えなければいけないと思う。(男性/26歳/中国在住3年/メディア関係)

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100209-00000016-rcdc-cn
****************

さて、このブロガーは日本の対応に不安があると感じたようですが、問題の本質はどこにあるでしょうか?

(1)文盲の人たちの対応が万全でない日本の空港

(2)字が読めないおばあさん

(3)入国審査表の書き方を教えなかったチケット販売店

(4)全てを日本のせいにするこの日本人

(5)親に子供を預けて日本へ出稼ぎに行く両親

子供のことを思えばどう考えたって答えは(5)。付き添いの大人が字を読めない書けないというのはさすがに想定外でしょうが、子供の一人旅にはCAがちゃんと付き添うことをこのブロガーは知らないんでしょうか。いい年こいて恥ずかしい結論だとミケネコは思います。

メディアって「フリーペーパー」のことじゃねえの?と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
PR
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

<日中歴史共同研究>内容報道のNHK放送 中国国内で遮断
1月31日22時59分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】中国国内で31日夜、日中歴史共同研究について報道したNHKの海外向け放送の画面が真っ黒になり、数秒にわたって視聴できなくなった。公表が見送られた戦後史に関連する天安門事件(89年)の映像を中国当局が遮断したためとみられる。

 中国メディアは同日夜、「日中歴史共同研究委員会」が報告書を初めて発表したとのニュースを簡単に報じているが、詳しい内容は一切伝えていない。研究内容が国内に波紋を広げ、中国政府批判につながることを警戒している模様だ。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000050-mai-cn
****************

>公表が見送られた戦後史に関連する天安門事件(89年)の映像を中国当局が遮断したためとみられる。

別に驚くことではないです。ミケネコはもう6年も上海にいますが、BS1、2が見られなくなったことは過去何度もあります。

天安門事件(天安門大虐殺と命名すべき)などの歴史問題しかり、チベットやウイグルの領土・人権問題しかり、政府高官のアメリカ・カナダへの亡命問題もしかり。

ついでに言わせてもらうと、今契約している日本語のテレビでも、上記問題がよく取り上げられる番組(たかじんのそこまで言って委員会、朝まで生テレビ等)はリアルタイムで見ることはできても録画はされません。ですので、日曜日の午後12時半(日本時間13時半)からの1時間半は、ミケネコによって重要で、大切な時間なのです(*´∀`)

むしろあからさま過ぎてワロスと思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

09年の中国製ケータイ、「パクリ」端末は1億4000万台以上―中国
1月8日6時32分配信 Record China

2010年1月6日、北京晨報によれば、09年に中国で生産された携帯電話端末の数は約6億台に上った。しかし、そのうち1億4500万台は「山寨機」と呼ばれる「パクリ」携帯端末だったことが、中国の市場調査会社「奥維諮詢」(AVC)の調べで明らかになった。

1月5日に開催された「2010中国移動通信産業サミット」で、AVCの発表した報告書「2009年の中国携帯電話市場と2010年の展望」によれば、中国の携帯電話機生産量は前年比7%増の6億台を達成。国内の販売台数は1億6800万台で前年比6.5%増。2010年には国内販売台数が1億8500万台に上ると予測された。

しかしその一方で、有名ブランドの端末に似せて作られた「山寨機」の販売台数も空前の1億4500万台に達し、過去最多だったと指摘。この数は2009年の生産量6億台の中には含まれていないという。山寨機の半数は中国国内で流通し、残り半数は東南アジア市場を中心に輸出されていると指摘されている。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100108-00000005-rcdc-cn
****************

>有名ブランドの端末に似せて作られた「山寨機」の販売台数も空前の1億4500万台に達し、過去最多だったと指摘。

ミケネコの知り合いにはニセモノだと知っていながら買う奴がいます。理由は、日本でも使えるから。でもその品質の悪いこと悪いこと。電波が切れやすいのはもちろん、音質が悪すぎてまともに会話もできない。仕事でこっちに迷惑を掛けているのに、分かっていない馬鹿が多いのは日本人も同じです。

ニセモノをこぞって買う奴って所詮は馬鹿だよね、と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

<中国気になる話>中国が鳩山首相の南京訪問を要請、中国人の対日イメージ変える奥の手に
1月6日12時16分配信 Record China

2010年1月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、仏紙フィガロが報じた鳩山首相の南京訪問について取り上げた。

以下は同ブログから。

2010年1月5日、時事通信は、中国共産党が日本に鳩山由紀夫首相の南京訪問を要請したとの仏紙フィガロの記事を報じた。さらに胡錦濤(フー・ジンタオ)国家主席が広島を訪問するプランもあるという。

小泉政権時に冷え込んだ日中関係だが、その後は一転して良好な関係が続いている。安倍晋三元首相が就任直後に中国を訪問して以来、両国首脳の相互訪問が続いた。また四川大地震被災地に派遣された日本の救出チーム、医療チームも大きなインパクトを与えている。政権交代後も鳩山首相のアジア重視の外交姿勢はおおむね好感を持って迎えられているといって間違いはない。

もちろん両国間には解決が必要となる課題が積み残されている。毒ギョーザ問題、尖閣諸島のガス田開発問題が一例だが、長年にわたり両国関係のしこりとなってきた歴史問題もその一角を占める。昨年、中国で映画「南京!南京!」が大ヒットしたことからもわかるように、歴史問題の中でも南京大虐殺は大きなウェイトを占めている。

中国側報道の偏りもあり、わたしが知り合った中国人の多くは日本人は南京大虐殺について知らない、政治家の多くは否定していると考えていた。それだけに日本首相の南京訪問は中国国民の日本理解を大きく変える奥の手であることは間違いない。政治的判断を要する複雑な問題ではあるが、鳩山首相がどのように決断するのか、注目される。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100106-00000010-rcdc-cn
****************

>2010年1月5日、時事通信は、中国共産党が日本に鳩山由紀夫首相の南京訪問を要請したとの仏紙フィガロの記事を報じた。さらに胡錦濤(フー・ジンタオ)国家主席が広島を訪問するプランもあるという。

同じレベルでの相互訪問と言うなら広島ではなく靖国神社だろ( ゚Д゚)それに南京が先なら手のひら返して広島にさえ来ない可能性もあるじゃねえか。

>政治的判断を要する複雑な問題ではあるが、鳩山首相がどのように決断するのか、注目される。

ぽっぽなら間違いなく訪問する。奴は政治的センスも信条もないカスだから。むしろ南京大屠殺館にも進んで行って、お詫びの言葉を連呼しまくると思っていた方が腹が立たない。

問題はその後。それで何もかも終わると思ったら大間違い。中国の目的は謝罪と賠償じゃなく、ガス田と尖閣諸島。謝ってくれさえすれば(どこぞのキチガイ国家みたいに)金は要求しないと微笑みかけ、その代わりと言って天然ガスの掘削をちらつかせる。

そこでもぽっぽは中国の言いなり。自分では拒否したつもりでも中国は日本が譲ったと判断してどんどん彫り続けるだろう。そして行き着く先は日中境界線の大幅な主張。。。


いやあ、自分で書いていて腹が立ってきますが、本当にこれが実現しそうで嫌です(;´Д`)

尊大な胡国家主席なら靖国神社も軽く参拝できるのではないですかな、はっはっは。くらい言え!と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

“ガラパゴス”から脱却? 海外で脚光を浴び始めた日本製ケータイ
12月30日13時3分配信 産経新聞

 日本製の携帯電話が海外でヒットの兆しを見せ始めている。経済成長とともにケータイが急速に普及している中国を中心に、人気上昇中だ。2000年代初め、日本メーカーは続々と海外参入を図ったが、国内で人気の源泉だった高機能が仇(あだ)となり、撤退を余儀なくされた苦い過去がある。過去を乗り越え、海外開拓を目指した新たな挑戦が始まっている。

 「液晶がきれい」。2009年7月、中国・北京のホテルで開かれたシャープのケータイ新製品発表会。映画「レッド・クリフ」の主題歌を歌った人気歌手アランさんが壇上でシャープ製ケータイの魅力を語った。

 シャープは08年夏に中国市場に初参入。日本でヒットした「アクオスケータイ」を持ち込んだ。4千元(約5万5千円)以上と高価格ながら同価格帯での販売ランキングで、09年3月から11月まで34週連続トップ2にランクインした。

 人気の要因はその高機能だ。「亀山モデル」で中国でもブランド認知度が高い高精細な液晶を搭載。画面が90度回転し、横向きになる独自のスタイルも受けている。

 ヒットの予感はあった。参入前からインターネット上では日本でシェア1位のシャープのケータイが話題になっていた。市場調査したところ、ケータイに興味がある層はネットを駆使する層と合致した。

 中国ではネットから人気に火がつくことが多い。特に「アフター80世代」と呼ばれる、80年代以降に生まれた裕福なネット世代が人気を牽引(けんいん)する。「日本で人気の商品を早く知りたいという傾向が強い」(シャープ)。市場は“日本標準”を欲していると読んだ。

 「iモード」をはじめとしたネットサービス、高精細なカメラ…。日本のケータイは「世界の先端を走ってきた」とは、業界の共通認識だ。しかし、世界市場では、通話とショートメールのみの低価格機種が主流。日本製ケータイは異端の存在だった。

 だが、今後は中国などアジア地域でも大容量のデータをやりとりできる「第3世代」の通信方式が始まる。携帯電話の普及が一巡すれば、次に求められるのは「機能」であり、これが日本製にスポットが当たり始めた背景だ。

 「徹底的に最先端、高品質にこだわったことを中国の消費者にお伝えする」。昨年7月の北京での発表会で、シャープの担当者は力を込めた。固有の動植物が生息する太平洋上の島になぞらえ「ガラパゴスケータイ」と揶揄(やゆ)されてきた日本のケータイ。島の外に生息の場を求め始めた。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000521-san-bus_all
****************

>携帯電話の普及が一巡すれば、次に求められるのは「機能」であり、これが日本製にスポットが当たり始めた背景だ。

中国人によく言われること。

「日本のケータイっていいですよねえ。中国で物凄く人気がありますよ。中国でも売ったらいいのに・・・」

いやいやいや、バリバリ売ってたんですけどね。パナソニックもNECも三菱電機も。2004年には物珍しかった二つ折りケータイもほんのちょっと騒がれただけで、白黒画面のケータイはあっという間に廃れていったという。。。

再度脚光を浴びたのは日本人として嬉しい限りですが、工場を閉鎖してまで苦渋の決断をしたメーカーが再度進出することはないでしょう。ただし最後発のシャープであれば売れるかもしれません。偽物もかなり出回ってますが。

お前らにケータイは早いんじゃー!といいたい方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

<セクハラ>忘年会で女性に抱きつく!日本人上司に賠償金、写真で認定―広東省
2009年12月21日11時34分 / 提供:Record China

   9年12月19日、日本企業の中国人女性従業員がセクハラで日本人上司を訴えた裁判が結審した。大洋網が伝えた。

   原告のAさんは今年28歳。大学で日本語を学び、2001年に日本企業に就職した。希望の職場で充実した時間を過ごしていたと言うが、昨年8月に日本人上司が着任して以来、苦しい時間に変わったという。

   問題の上司はAさんの手足や体をさわるなどのセクハラを繰り返した。懸命に抗議したが、笑って取り合ってはもらえなかったという。決定的だったのは昨年の忘年会。後ろから抱きかかえられ、胸までさわられたとAさんは話している。

   その後、Aさんは上司による書面での謝罪とセクハラとりやめの保証書とを要求した。会社経営陣はセクハラを認めたものの、「上司はAさんに好意を抱いていた」「酒の席だった」「書面での謝罪は上司の経歴に汚点となる」としてAさんの要求を拒否した。

   会社側の対応に失望したAさんはついに訴訟に踏み切った。セクハラ裁判は立証が難しいことから訴訟の先行きを不安とする声もあったが、忘年会での写真や証言を証拠として、Aさんは勝訴。裁判所は日本人上司に書面での謝罪と賠償3000元(約3万9800円)の支払いを命じた。同裁判は広東省で初となる原告が勝訴したセクハラ裁判となった。

(ソースhttp://news.livedoor.com/article/detail/4514702/
****************

>問題の上司はAさんの手足や体をさわるなどのセクハラを繰り返した。懸命に抗議したが、笑って取り合ってはもらえなかったという。

日本じゃ彼氏の話題なんてもってのほか。話しかけただけでセクハラ、存在自体がセクハラと言われる中で、ここ中国では体重も彼氏の有無も比較的OKな話題とされています。それを勘違いしてか、記事のように会話たけでは飽き足らず行動に移してしまう人もしばしば。相手方も実は好意を抱いていて、そのうちお互いに恋に落ちて××な関係になんていう可能性はゼロではありません。

ただ、中国人もやっぱり若い人が好きだと言うことを忘れてはいけません。当然お金も重要ですが、それはその人に魅力があってこそのもの。20代の若い中国人女性が、50代の日本人を何の見返りもなく好きになることはほとんどないでしょう。

ミケネコの知り合いでも同じようなことをして先日帰国した人がいました。その部下曰く、酒を飲んで酔っ払うと女性の前で裸踊りを始めるとのこと。さらに女の子を舐めるような目で見るとか見ないとか。これが原因かは分かりませんが、いずれにしても愛の表現はもっと違う方法で行うべきだったとミケネコは思います(;´ー`)

この人のその後も知りないなあ、と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

<怖い中国事情>家政婦に「ベッドのお供」強要―上海市
2009年09月08日21時29分 / 提供:Record China

   2009年9月8日、中国で家政婦に「ベッドのお供」まで強要する雇い主の存在が社会問題になっていることについて、上海市家政婦協会は「契約書に禁止と明記することは有効的」との見方を示した。新聞晨報が伝えた。

   中国の都市部では農村からの出稼ぎ労働者を安価で雇えるため、家政婦を利用する家庭が非常に多い。だが、立場の違いを利用したセクハラ、パワハラ行為も少なくなく、問題となっている。特に深刻なのは家政婦が「ベッドのお供」を強要されること。事件が起きても「雇い主に強要された」と訴える家政婦に対し、雇い主側が「合意の上だった」と反論し、家政婦が泣き寝入りケースも多かった。

   そこで、家政婦紹介所が雇い主との契約書に「ベッドのお供を強要することを禁止する」と明記することで弱い立場である家政婦を法的に守ることができるとの考え方が広まっている。上海康[日斤]弁護士事務所の張濱(ジャン・ビン)弁護士は、一旦契約書が交わされれば、雇い主が「合意の上だった」とする証拠を提出しない限り、法的な責任を負わなければならないと説明している。

(ソースhttp://news.livedoor.com/article/detail/4338292/
****************

>特に深刻なのは家政婦が「ベッドのお供」を強要されること。事件が起きても「雇い主に強要された」と訴える家政婦に対し、雇い主側が「合意の上だった」と反論し、家政婦が泣き寝入りケースも多かった。

通常の家政婦は、上海人であればアルバイト感覚でできて週2回、1回2時間で1ヶ月400元前後。外省人なら200~300元。もちろん地方出身者が副業でやれるほど甘くもなく、重労働の割りに給料は意外と安い。そこそこ若くて綺麗な女性であれば、もっと楽して稼ぎたいという気持ちもあるでしょう。

ということでお互いの合意の下、1回300元の週2回、1ヶ月2400元と計算して(何の?www)月3000元前後の契約をする人もいるとかいないとか。正にリアル「家政婦は見た」。いや「家政婦はした」と言うべきでしょうか。一応私の知り合いにはいないので、噂話とさせていただきます(´∀`;)

家政婦な彼女、ドラマのタイトルになるなと思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

【中国ブログ】彼氏の元カノは日本人「アタシ自信がない!」
9月8日15時14分配信 サーチナ

 ハンドルネーム魂魂七七という女性が、「自分の彼氏が以前付き合っていた女性は日本人だということが分かり、プレッシャーを感じている」とする文章を天涯社区に寄せた。

 魂魂七七さんは「日本人女性は世界で最も気立てが良くて賢いと聞いた。言葉は『ごめんなさい』と『よろしくお願いします』しか口にせず、朝は早起きして朝食をつくり、仕事に出かける男性を玄関まで送ってお辞儀をするというでしょう?」と、誤解交じりの日本人女性像を語る。

 続けて、「日本人女性の写真を見たのだが、その女性は見るからにとても柔順そうで、また人から好かれそうな感じだった。身につけていた服は質素で、流行を追い求めてはいなそうだった」と語り、さらに「私は自身が日本人女性とは比べ物にならないのではと案じている。私は利口ではないし、家事も好きではない。個性も強く、わがままで、柔順であろうとしてもなりきれない。自分の意見があれば、彼の話も聞き入れられない」と語る。

 そして魂魂七七さんは、「私たちはまだ付き合い始めたばかりなのだが、彼が私を元カノと比べて、私が女性として劣っていると思わないか心配だ。日本人女性の気立ての良さと賢さに対し、私は確かに敵わないから」と悩みを打ち明けている。

 中国では日本人女性とお付き合いしたいと考える男性は多いとされている。彼らが持つ日本人女性に対するイメージは、現実の日本人女性とは多少なりともかけ離れているようだが、中国人男性の間で日本人女性が人気であることは事実である。

 上記の魂魂七七さんの悩みに対し、多くの中国人ユーザーがコメントを寄せており、「自分に自信を持て、持てないなら別れるべき」「昔から日本人女性は中国人女性よりも良いと言われているが、これは事実だ。受け入れろ」というコメントのほか、「日本人女性をモノにした彼氏を支持してやれ」といったコメントも寄せられていた。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000045-scn-cn
****************

>私は利口ではないし、家事も好きではない。個性も強く、わがままで、柔順であろうとしてもなりきれない。自分の意見があれば、彼の話も聞き入れられない

基本的に、頭がいいかどうか問題ではありません。また、家事が苦手なのも個性が強いのというのも問題ありません。問題は、この女性がわがままということと、人の話を聞き入れられないということ。それだけで拒否反応を示す人間は多いですし、基本的に人の話を効く日本人の彼女とその彼氏が付き合っていたのであればなおさら。気に入らなければすぐに男を殴り、街中でも平気で喧嘩をする中国人女性が日本人女性に勝るはずがない。

ただ、日本人女性全てが従順というわけではもちろんありません。ここ上海で中国人、とくに至れり尽くせりと言われる上海人男性(家事全般をこなします)と付き合っている日本人はわがままになりやすいようです。口癖が対不起(ドゥイブチー/ごめんなさい)と言われるほど上海人男性は連呼(彼女に対して)しますが、これはもちろん中国人に限ったことではありません。

実際、男性側が日本人女性に何かにつけて「ごめんね。ごめんね」と謝っている場面を何度かあります。また、ミケネコが上海に赴任した頃に知り合った上海人は「彼女(日本人)と電話してると、私は何回もごめんねと言うんですよー。言わないと怒るんですよー」と言っていたのを思い出します。とはいえ、両者ともにそれはそれでも嬉しそうでしたが。

正直言って、中華圏内の女性は絶対に日本人には勝てないでしょう。気性の荒さと汚さは引いてしまうものがある。性格、外見、内面全てを取っても長年培われてきたイメージは幻想ではなく現実なのです。

まず清潔さが一番違うだろ!と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

【中国ブログ】何故なんだ!中国が日本に追いつけない理由(2)
9月4日20時2分配信 サーチナ

 中国人ブロガーが「中国はなぜ、日本に追いつくことが出来ないのか?」とする文章を発表した。原文は長いため、数回にわたって紹介する。今回はその2回目。

 ブロガーは「1950年代、日本がアメリカに対して輸出を始めたばかりのころ、『メイドインジャンパン』といえば、今日の「メイドインチャイナ」と同じで『安かろう悪かろう』の代名詞であった」と指摘する。続けて、「日本人はなぜ日本製品は『安かろう悪かろう』という評価なのかを考え、研究を続けた結果、現状を打破することが出来た」と考察。

 一方、ブロガーは1980年代から始まった中国の対米輸出において、現在も昔と変わらず中国製品は『安かろう悪かろう』の評価のままであり、評価・価格ともに下落する一方だと指摘。その理由として、「中国人はいつも現状に甘んじている。積極的に改善・革新するという精神に欠けている為である」と考察する。

 続けて、「そのため、中国企業の行動はいつも受動的であり、製品が完全に売れなくなっても、旧来のやり方を変えようとしない。一方の日本企業は積極的に革新を行うため、中国製品は日本製品に敵わないのだ」と考察している。

 また、中国が日本に追いつくことが出来ない理由の三つ目として、「中国人は私利私欲で動くため」と語る。「公共バスに乗ったことがある人なら、乗客が座席をめぐって争うように取り合う光景を目にしたことがあるだろう。わずかこれだけのことでも、必死になって争うのである。中国人の心の中には自分だけしかなくて、国家や民族などは存在しないのだ。『自分』を超越する何かを見つけることが出来ない限り、中国人は先進民族になることは難しいだろう」と綴る。

 さらに、もう一つの理由として、「中国人は内輪揉めばかりしている」ことを挙げる。「どのような集団であっても、その内側には競争と協力が存在するが、中国人の集団には競争と闘争しか存在しない。歴史上、中国人同士による争いがもたらした損害は、外国からの侵略によって受けた損害よりもはるかに大きい」と語る。

 最後にブロガーは、「中国が日本に追いつくことが出来ないのは、結局のところは中国人そのものに問題が多いことが原因であり、我々は自らが欠点と問題が多い民族であることを認め、その欠点と問題を正視しつつも改めることが必要となろう。それが出来ない限りは中国が日本に追いつくという夢も儚く消え去るのみである」と結んでいる。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000093-scn-cn

【中国ブログ】何故なんだ!中国が日本に追いつけない理由(1)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000038-scn-cn
****************

概ね間違っていませんが、現実を打破して一つ高みに上るとするなら次の3つを変える必要があるでしょう。

(1)共産党の一党独裁
(2)一人っ子政策
(3)道徳なき経済政策

それからみなさんが一番気にしている反日教育もその一つです。ただこれは、中国自体が発展するということにはあまり関係ないので、順位としては4番目か5番目といったところでしょう。もちろんやめれば「アジアで唯一の先進国である日本を見習え」という自発的な精神が生まれるわけですが。いずれにしても中国は、まだまだ数(人口)や規模(面積)で圧倒するだけの国でしかありません。

既に追い越したと勘違いしている中国人もいるよ!と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

<在日中国人のブログ>選挙特番から見る日中政治の違い、田中真紀子氏に期待
8月31日12時36分配信 Record China

昨夜、いつものようにパソコンを開き、テレビをつけながらネットをしていた。普段は7時からTBSの「さんまのスーパーからくりTV」を楽しく見て、お風呂上がりに冷たいビールを飲みながらテレビ朝日の「日曜洋画劇場」で洋画を1本鑑賞し、映画が面白ければその興奮のままついでにフジテレビの「サキヨミ」を見るという流れなのだが、昨日はすべての局が選挙特番をやっていたため、選択肢がなく仕方なく各チャンネルの番組を見ていた。

私は日本に住んでいるので、普段からネットニュースをよく見る方だ。そのため、民主党の圧勝だろうと事前にわかったし、自分の生活にもそんなに関係ないので、選挙にはあまり興味がなかった。芸能人の写真集のような民主党のマニフェストには在日外国人について一言も書いていなかったし。まあ日本で参政するつもりもないし、普段不満を感じているわけでもないので、書かなくてもいいかと思います。というか書く暇もないのではないでしょうか?日本のメディアは以前よく中国の格差問題を大きく取り上げたが、最近はそうした報道をあまり見なくなった。日本がますます格差社会になり、経済状況も悪化する一方だからだろう。日本の政治家は1億3000万の日本人を優先すべきだと思います。余裕ができたら在日外国人のこともさらに改善して頂ければ幸いです。

日本の選挙番組は意外と面白い。開票とともに立候補者の選挙期間中の密着映像を流し、選挙中の必死な様子や彼らがどのように選挙戦を勝ち抜いたのか、心情などもすべて公開され、透明な状態で有権者の選択を待ち続ける。これを見て、政治家はわれわれと同じ普通の人間なんだなと改めて感じた。それは日本人にとっては当たり前のことだと思うが、中国では政治家、特に中央政府に勤める政治家は一般の中国人にとって遠く手が届かない存在です。確かに一般市民と距離を置くことで失態が減り、威信が増すかもしれないが、しかしその環境では逆にうわさがとても早く流れる。例えば、某政治家の息子は実は某会社の社長で政府から仕事を受け取っている、某政治家の私生活は極めて豪華で汚職ではないかなどなど……。

もちろん日本のような選挙活動は中国で実現することは無理だと思うし、仮にその制度ができたにしても、物理的に無理ではないだろうか。なぜなら地方の代表の訛りがひどいので、国会で集まっても弁論できないのでは。弁論できたとしても、CCTVで生中継する際に字幕を入れなくてはならない。難しいですね、考えるだけでも頭が痛くなります。

ちなみに田中真紀子さんも当選されたようですが、民主党は彼女をうまく活かせば、外交の分野で活躍できると思います。少なくとも日中友好がうまくいくのではないかと期待しています。内政干渉するつもりはまったくありませんので、書き込みする皆様はぜひお手柔らかに。(32歳男性/在日5年/IT関連)

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000011-rcdc-cn
****************

>ちなみに田中真紀子さんも当選されたようですが、民主党は彼女をうまく活かせば、外交の分野で活躍できると思います。少なくとも日中友好がうまくいくのではないかと期待しています。

大臣に大抜擢された当時、「あたしにゃあ難しくて何の話なのかやっぱり」と一部本音を語って人気が急上昇したのも束の間、その無能さを小泉に見抜かれて更迭された田中真紀子。その後離党し、口を開けば自民党へのうらみつらみのオンパレード。更に麻生元首相に対しては、口がひん曲がってるだの外見の悪口で攻撃するなどただの性格の悪いおばちゃんでしかありません。

もし中国人が、日中国交正常化の時の内閣総理大臣、田中角栄の娘だからと見ているならそれは大きな間違いです。親中、媚中だからと言ってそれが二国間にいい影響を及ぼすとは限りません。なぜなら中国共産党として都合の悪い問題(反日感情)も日本側から蒸し返す可能性があるから。在日中国人、朝鮮人を擁する朝日新聞や毎日新聞がそのいい例です。

政権が民主党に移ったことで鳩山は間違いなく左寄りの政治をするでしょう。土下座外交は間違いないとして、時には多額の賠償をすると言うかもしれません。でも、それで関係はよくなるのか?

仮に1兆円の賠償をするといってもそれが中国国内で報道されるかどうかも分かりませんし、そもそも真っ当な事業に使われるか分かりません。人民全員に配布したとしても一人頭たったの数十元程度。

むしろそれを手渡してしまったら?「たったのこれだけか!過去に侵略して何千万人を殺した国がこの程度の賠償か!?」と、反日運動(デモ)が起こることは間違いないでしょう。日中関係をよくする一番の方法は、日本は自虐史観をやめること、中国は反日教育をやめること。これしかありません。

知り合いの中国人がつい最近こう言っていました。

「あれだけ小さい頃から反日教育をされれば、誰だって日本を嫌いになりますよ」

これに全てが集約されていると思います。

田中真紀子なんて無能世襲議員の代表格じゃん、と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
20
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved