忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノ⇒ランキング

中国版新幹線、開業初日は乗車率20%の列車も―中国
2011年07月02日12時21分
提供:Record China

2011年6月30日、北京・上海間高速鉄道の正式営業がスタートした。北京・上海間を4時間48分で結ぶ夢の超特急だが開業当初の乗客数は少なく、閑古鳥が鳴くスタートとなった。米華字ニュースサイト・多維新聞が伝えた。

温家宝(ウェン・ジアバオ)首相も乗った北京発第1便の切符は完売したというが、それ以外はがらがら。中には乗車率20%という列車もあったという。一方で、在来線の北京発上海行きの列車はほぼ満席だった。予約も売れ行きは芳しくないという。

競合する航空会社の値引き攻勢、さらにもっと安い在来線という2つのライバルに阻まれ、販売数が落ち込んだものと見られる。もっとも他の高速鉄道も開業当初は乗車率は決して高くなかったが、その後増加している。中国鉄道部は新たな交通手段の周知には時間がかかるとして理解を求めている。

(ソースhttp://news.livedoor.com/article/detail/5679367/
****************

>競合する航空会社の値引き攻勢、さらにもっと安い在来線という2つのライバルに阻まれ、販売数が落ち込んだものと見られる。もっとも他の高速鉄道も開業当初は乗車率は決して高くなかったが、その後増加している。

飛行機での出張が多いミケネコにとって、時間が読める高速鉄道の導入は喜ばしいもの。ただ、上海-北京間の平均的(?)な価格は1200元前後ぐらいで飛行時間は2時間なので、800元の6時間が電車で移動するための条件といったところ。これができなければ1000元の飛行機の方が移動しやすい。乗客確保のために、今後はもっと熾烈な価格競争が繰り広げられるはず。日本同様、中国でも移動手段のデフレ突入です。

(*´ー`)ノ⇒ランキング

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パクラー中国
日本の技術パクっといて中国独自技術とかほざいていた鉄道が脱線事故……

これじゃいつも見たいに日本に難癖つけれないな(笑)

高速鉄道はまだ中国人には使いこなせない技術ってことだな




いつかやると思ってた 2011/07/24(Sun)08:14:41 編集
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved