忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノ⇒ランキング

性犯罪の激増が大きな社会問題に
JSSアジア治安旬報 2012年8月20日号

 韓国有力紙「朝鮮日報」の報道によると、同国では強姦や強制わいせつなどの性犯罪で検挙される者が急増している。中でも急増が目立つのは青少年と老年の性犯罪者であり、過去4年間でそれぞれ倍増している。

 2011年12月31日に京畿道富川市で73歳の老人が知的障害のある少女(13歳)をモーテルに連れ込んで強姦し、逮捕される事件が起きたが、こうした老年(61歳以上)の性犯罪者は、2006年の423人から、2010年には821人にほぼ倍増した。

 また、18歳以下の少年による性犯罪も、2006年の979人から2010年には2,017人に倍増している。2010年には、忠清南道大田市で知的障害のある女子中学生を1か月にわたって輪姦した高校生16人が逮捕されて、社会に衝撃を与えた。

 同紙は、青少年と老年の性犯罪者の急増ぶりを“爆発的増加”とまで形容しているほどである。

 韓国の性犯罪の多さは、従来から世界でもトップクラスであり、それが次表のとおり、年々深刻さを増して、とどまるところを知らない。

[ 韓国年度別強姦事件発生件数 ]
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
8,755件 8,726件 9,883件 10,215件 18,220件
                                                       ※ 2010年以降は強制わいせつを含む

[ 日韓の性犯罪(強姦+強制わいせつ)発生件数比較(2010年)]
韓 国 日 本 ソウル 東 京
18,220件 8,316件 4,939件 1,051件
                            ※ 韓国人口:約5,000万人。日本人口:約1億2,800万人


 [ 参考:世界主要都市の性犯罪(強姦+強制わいせつ)発生件数(2010年)]
都市名 ロンドン パ リ ベルリン ニューデリー ワシントンDC
件 数 3,431件 1,283件 689件 414件 184件
                              ※ ニューデリー、ワシントンDCの件数は強姦のみ。
                              ※ ロンドン、パリは2011年統計

JSSコメント】
 ① 韓国では、1人暮らしの女性が220万人に上ると言われているが、そうした独居女性が自宅に侵入されて性犯罪被害に遭うケースが極めて多い。被害の多くは防犯設備の不十分な低所得者向け集合住宅で発生していることから、交番の近くの“オフィステル(オフィスを兼ねたアパート)”の人気が高まっている。
 ② 女性出張者は、韓国の性犯罪の現状をよく認識して夜間の徒歩移動を避けるほか、ホテル滞在中は、たとえホテル関係者であっても不用意にドアを開けないなどの用心が必要である。また、少女や女児を狙った性犯罪も極めて多いので、駐在員は、帯同子女を単独で外出させない(特に夜間)などの予防策を講じる必要がある。

****************

2012年は2万件超えてるんじゃねーの?なんてたって70の婆さんでも狙われる国だからな。女にとってこれほど怖い国はないだろう。

(*´ー`)ノ⇒ランキング
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved