忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノシ⇒ランキング

【中国ブログ】収穫を得た!「日本人はクラクションを鳴らさない」

8月9日18時30分配信 サーチナ

 日本を訪れた中国人ブロガーthorpexie氏(ハンドルネーム)が「日本で収穫を得た!」とする文章を掲載した。それによると「日本人女性が運転する車に乗っているときに遭遇した出来事」で日本人に学ぶべき点を発見したという。以下は、その要約。
--------------------------------------------------------------
 今回の日本訪問を通じて、私は一つの収穫を得ることが出来た。

 週末、ある日本人女性が私を車に乗せて外に連れ出してくれた。彼女は道に不案内であったため、カーナビを見ながらの運転であり、カーナビを操作するために車を停車させたときの出来事だった。

 狭い道の途中で停車してしまったため、後続の車両の行く手を遮ることになってしまったのである。そのとき、後ろから来た車もやむを得ず停車し、軽くクラクションを鳴らした。女性も自分の停車の仕方が悪いことは知っていたものの、車を動かそうとはせず、「ごめんなさい」といいながらカーナビの操作を続けていた。

 それから2分余り、私も後続の車に申し訳ないと思っていたが、後続の車は静かに待ち続けていたのだった。
 
 私は上述の出来事に大きな衝撃を受けた。これがもし中国国内であれば、最低でもクラクションが何度も鳴り響いていただろうし、後続の車の運転手が降りてきては罵り合いになっていた可能性だってあったはずである。

 よく考えてみると、日本の道路でクラクションの音を耳にすることは比較的少ないし、クラクションを鳴らし続ける運転手はほとんどいないように思う。日本の場合は注意するための意味で軽く鳴らすのが一般的なようである。

 私はこれまで日本人が中国人よりも優秀だとは思ったことがなかったが、上述の点に関しては我々中国人が学ぶに値すると感じた。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090809-00000039-scn-cn
****************

>これがもし中国国内であれば、最低でもクラクションが何度も鳴り響いていただろうし、後続の車の運転手が降りてきては罵り合いになっていた可能性だってあったはずである。

無理な割り込みに危険なユーターン、そしてちょっと道を塞がれると狂ったようにクラクションを鳴らし続ける。それは歩行者に対しても同じ。突っ込んでくる車に対してたまに激怒している欧米人のおばちゃんを見かけますが、正直言って、中国人に自動車という文明の利器は早すぎると思います。

サルが運転するようなもん?と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ミケネコ様!お久しぶりです~
どうもお久しぶりです。仕事が忙しく、ようやくお盆休みに入ったお陰でカキコ出来ました。

確かにいらんですわ。民度があれだけ低いシナ人ですよ?自動車に乗るなんぞ百年早いと。不快そのものだねこりゃ。

シナ人が乗った途端車は「走る棺桶」に早変わりw

ありそうですね。それではまた。
2009/08/11(Tue)23:47:31 編集
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved