忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´∀`)ノシ

日本人が中国へ来て一番初めにびっくりするもの、いや日本人にかかわらずそれは間違いなく交通事情でしょう。何がびっくりするのかというと超車優先社会だということ。超が付くのでそれはもう半端じゃありません。街を歩いていて信号が青だと思って安心してはいけないのが、ここ中国なんです(;´Д`)

例えば、信号が青で横断歩道の上を渡っている時、自転車だけでなくバイク・車が平気で突っ込んできます(;゚Д゚)これは歩行者がいようがいまいがお構いなし。「オラオラオラー、どけどけどけええ」という感じ。同じ信号待ちをしている車がそのまま直進するなら問題ありません。問題なのは、車が曲がる時、特に右折をしてくる時が危険です。

中国は世界的に倣って四輪車は右側通行。なので、右折する時は日本でいう左折に当たります。日本なら(台湾でもアメリカでも)、目の前の信号が青になれば別に左右なんて見ることなく、安心して道路を渡れると思います。でも中国では、間違いなく車が突っ込んでくるので、常に左右に気をつけていないといきなりクラクションを鳴らされて煽らてびっくりします。

煽られて、驚いて、運転手に対して怒る。これならまだ笑って済みます。でも、笑えないのが事故。交差点での事故が異常に多く、車と車だけでなく、車とバイク、車と自転車という現場を垣間見ることができます。頻度で言うと1日車で出かけたら、事故を見ない日はないというくらいでしょうか。さすがにミケネコも、「これは死んだな」というような事故現場にまだ遭遇したことはありませんが、実際には日本人だけで1年に10人前後の方が交通事故で亡くなっているので、発生率はかなり高いと思います。中国で働くということは、いろんな意味で危険と隣り合わせなんです(;´Д`)

ここ最近、北京オリンピックに向けて政府はいろんなマナー向上キャンペーンをやっています。そのうちタクシー運転手のマナーの向上も一つ。既に説明したように中国では、一般人の車に限らず四輪社という四輪車のマナーが悪い(タクシーの場合、乗車拒否もちょっちゅう)のでそれを直そうと必死です。でも、多分トラブル・事故は必至でしょう。だって「本当に教習所で習ったの?」という人間が運転している上に、「俺(私)が俺(私)が」で譲り合いの精神の欠片もない民族ですから。それなのに付け焼刃的なキャンペーンを北京で大々的にやっているだけ(;´Д`)他の地方でやらないところがいかにも中国人らしいというか馬鹿というか。。。

さて、こんな中国でも車の運転で一つだけいいことがあります。それは赤信号でも右折ができるということ。左から直進してくる車やバイクに気をつければ右折をしてもいいんです。もちろん左折は危なすぎるのでダメです。日本では絶対認められないこのルール、実はアメリカではOKなので別に異常な規則ではない様子。仕事で急いでいる時に、ひょいひょいと右折をしてUターンして、そしてまた右折をする。褒められた運転ではありませんが、ある意味爽快です(*´∀`)

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved