忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノシ⇒ランキング

「100年に1度の雪も大丈夫」のはずが減速運転=中国の高速鉄道
サーチナ 1月23日(日)11時22分配信

 武漢(湖北省)と広州(広東省)を結ぶ武広高速鉄道が20日、「大雪のため」に全線にわたり減速運転した。同鉄道路線は「100年に1度の大雪にも耐えられる」と宣伝されていただけに、疑問の声が出た。武漢鉄道局は21日、「乗客の命の安全を守るため」と説明。政府・鉄道部も記者会見を開き、同様の説明をした。中国新聞社などが報じた。

 これまで、武広高速鉄道には自働除雪装置が設けられており、架線も「世界で最も進んだ技術を使い、100年に1度の大雪にも耐えられる」などと宣伝されていた。しかし20日には、減速による遅れで在来線への乗り換えを余儀なくされた乗客も多かった。その他の高速鉄道路線でも20日には、悪天候のために減速運転するケースが相次いだ。

 武漢鉄道局によると、最高時速を350キロメートルから250キロメートルに落とすなど、減速運転を行った。「乗客の命の安全を守るためで、技術面での問題が生じたためではない」という。政府・鉄道部も22日に記者会見を開き、王志国副部長が「安全確保のための措置。豪雪や氷結の際、減速して運転することは、世界の高速鉄道が普遍的に採用している措置」と説明した。

 武広高速鉄道の減速運転がそれほど異様な措置だったとは考えにくいが、これまで関係当局やメディアが「中国の高速鉄道技術は世界のトップ・クラスになった」、「安全性も完全に保証されている」など、自国の高速鉄道の優秀さをことさらに強調してきたため、一般国民の間に不信や不安の声が高まったと考えられる。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000002-scn-cn
****************

>これまで、武広高速鉄道には自働除雪装置が設けられており、架線も「世界で最も進んだ技術を使い、100年に1度の大雪にも耐えられる」などと宣伝されていた。

いや、そんなことより上海-南京(?)間の高速鉄道で雨漏りしてたことの方が問題なんじゃないか?

(*´ー`)ノシ⇒ランキング

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved