忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノシ

先日、昼飯時に日本人に帰化した中国人と会話をした内容です。

帰化人(以下帰)「胡錦濤の訪日は凄かったらしいですね?」

ミケネコ(以下ミ)「何がですか?」

帰「ブッシュ大統領と同じ待遇だったらしいじゃないですかっ!」

ミ「ああ、まあ福田ならそうするんじゃないですかね。あいつは中国が大好き人間ですから」

帰「それに今回の日中首脳会談は凄い成果がありましたよね♪」

ミ「(ハア?成果?そんなもんあったか?)何かありました?」

帰「ええ、ギョーザ問題も東シナ海の油田問題もパンダ外交で吹き飛んだらしいじゃないですか♪」

ミ「(ハァ?何言ってんだ?こいつ。むしろそれは何一つ解決してねえじゃねえか)吹き飛んだと言うか何と言うか。。。まあ、パンダはいてくれたほうが子供は喜びますからねえ」

帰「胡錦濤が行く先々で歓迎されたというのもいいニュースです」

ミ「(思いっきり抗議運動とか起きてるんだけどな。こいつは何も知らんのか?)・・・」

帰「それに今回は歴史問題には触れないで、未来について語ったのも素晴らしいです」

ミ「歴史問題ねえ。そりゃ一人で乗り込んできてそんなこと言ったら、チベット問題で突き上げられますからね。言わなかったんじゃなくて言えなかったと思いますよ」

帰「そうですかね?『過去の歴史は忘れてはならないが、こだわってはいけない。我々は未来について語り歩んでいくべきだ』と言いましたよ。これは凄いことですよ」

ミ「そうですか?むしろ今までの江沢民時代が酷すぎたんじゃ?」

帰「私、今回の件で胡錦濤を見直しました。実は今まであまりいい印象を持っていなかったんですよ」

ミ「そうですか。まあ、過去にいろいろしたとはいえ実利主義で間違いなく江沢民時代よりも日中関係は好転しますからね。そういった意味では私も嫌いじゃありません」

帰「そういえば、胡錦濤は日本人に人気があるみたいですね」

ミ「(;゚Д゚)???いや、それは聞いたことがな・・」

帰「胡錦濤を大好きな日本人が多いと聞きました」

ミ「(ダメだ、こいつ。完全に中方の報道を信じきってるわ)(;´Д`)」


日本に長く住み帰化している中国人でもこの程度。うちの会社が、日系企業なのに日本の新聞を取っていない弊害でしょうか。ネットで何も調べもせず、中国の報道のみを信じているところに驚きました(;´Д`)敢えて反論しなかったのは、できなかったわけじゃなく面倒くさかっただけです;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブ


応援してください・゚・(ノД`)・゚・
ランキング
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
中国も朝鮮化してきたみたいですね。
365 2008/05/16(Fri)04:51:50 編集
中国人ならまだしも
日本人でも、本気でそう思う輩が増えない事を祈りますが…

相変わらずマスゴミも中国寄りですからねえ┐(  ̄ー ̄)┌

日中記者協定でしたっけ?
ボチボチ、無視して突っ走る記者が出てきませんかねえ…
マスピー 2008/05/16(Fri)22:15:23 編集
無題
仮に福田首相でなくて違う政治家でもまともな外交(会談)はできないでしょう。
パンダに一億円とは「ふざけるのもいい加減にしろ!」と声を大にして言いたいですね。
スダチ 2008/05/18(Sun)23:16:28 編集
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved