忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノ

「あ、汚い」これが韓流“足”の使い方
「足を使って攻めたい」とは話していたが…

 韓国代表打線が試合中に再三みせたのが、内角球に前足を巧みに出し、死球を獲る荒技だった。その巧妙な手口で、日本投手陣は毎回のように得点圏に走者を送られて苦しい展開に。卑怯な技ではあるが、その熟練度と勝利に対する執念は星野ジャパンを苦しめた。

 先制本塁打を放った2番、高永民が5回に見せた左足の微妙な動きに気がつき、「あっ、汚い」と叫んだファンも多いはず。内角低めの速球が足の近くを通り抜けようとした瞬間、高はピクリと数センチだけひざをプレート方向へ動かした。そのさりげなさと素早さは、熟練の技術。 

 内角球をよけずに出塁するのが得意な選手は日本にもいるが、この日の韓国は組織的とも思える当たり屋行為の連続だった。6回には昨年の韓国三冠王でもある6番、李大浩が芸術的な左足技を披露。岩瀬のウイニングショットのクロスファイアの内角球に左ひざを出してチャンスをつくりだした。 

 さらに、李は8回無死一塁からも岩瀬の内角速球に当たってこの日2個目の死球で出塁。好投していた岩瀬もこの死球をきっかけに、たまらず犠飛で1点を献上して冷や冷やのマウンドだ。1点差とされてさらに2死一、三塁と絶体絶命の場面にまでにじりよられた。 

 星野ジャパンがこの試合で2四球だったのに対し、韓国代表は四死球6を奪う執念。圧倒的な投手力に苦戦することをあらかじめ予測していた韓国代表は「足を使って攻めたい」と話していたが、まさかこういう意味だったとは、日本投手陣も想像できなかったことだろう。
(ソースhttp://www.zakzak.co.jp/spo/2007_12/s2007120312_all.html

****************

>圧倒的な投手力に苦戦することをあらかじめ予測していた韓国代表は「足を使って攻めたい」と話していたが、まさかこういう意味だったとは、日本投手陣も想像できなかったことだろう

普通こんなこと誰も思いつかんだろ。足を使うと言われたら、盗塁、タッチアップ、セーフティバント、ホームスチールと考えるのが人間。姑息に足を出してデッドボールになることを考えるのが人もどき。日本人には考えられんわ(;´Д`)

一万歩譲って日本人が無知だったとしよう。でもその場合、韓国人の“頭を使う”ってのは、乱闘で頭突きをするってことなのか?それともちょっとひねって頭は亀頭の意味で強姦するってことなのか?まあどっちもで韓国人なら得意そうであるけれど。顔を狙ったら頬骨とエラは何もしなくても当たりそうだし、こっちの方がフェアだったんじゃまいか?(*´∀`)

応援してください・゚・(ノД`)・゚・
ランキング
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved