忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノシ⇒ランキング

「日本に帰るのは危なすぎる」=抗日映画出演の日本人俳優が苦悩―中国
5月9日12時58分配信 Record China

   2009年5月、雑誌・青年週末は記事「日本鬼子としての人生を定められた日本人俳優」を掲載した。今年4月、中国では南京大虐殺をテーマにした映画「南京!南京!」「ラーベの日記」が公開された。特に「南京!南京!」は興行成績1億元(約14億5000万円)を超えるヒットとなっている。一方で同作に出演した日本人俳優は強いプレッシャーに苛まれているという。

   四川省成都市で行われた「南京!南京!」の舞台挨拶。角川役を演じた中泉英雄はメディアの前に姿を現さなかった。陸川(ルー・チュアン)監督は「中国で受けたインタビューがネットを通じて日本国内に伝えられている。中泉の家族や友人に影響も出ており、プレッシャーが強い。だから今、中泉はメディアの取材を受けることにナーバスになっている」と話した中泉は休暇を願い出たと言うが、15都市での舞台挨拶が終わっていないとして却下されたという。

   「南京!南京!」のヒットに伴い、中泉ら日本人俳優のファンも増えている。しかし一部では日本帰国後に直面するであろう事態を不安視する声も上がっている。「日本に帰らないほうがいい。家族も中国に呼べばいいじゃないか。帰国するのは危険すぎる」というのはあるネットユーザーの書き込み。日本軍人役などで多数の中国ドラマに出演している日本人俳優・矢野浩二が2007年、日本に帰国した際に殴打された事件もあり、ファンの不安は高まっている。実際、中泉と木幡竜は陸川監督のオフィスと契約、今後中国で活躍の場を広げることになりそうだ。木幡はすでに家族を中国に呼んだと伝えられている。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000009-rcdc-cn
****************

>陸川(ルー・チュアン)監督は「中国で受けたインタビューがネットを通じて日本国内に伝えられている。中泉の家族や友人に影響も出ており、プレッシャーが強い。だから今、中泉はメディアの取材を受けることにナーバスになっている」と話した。

いや、どう見ても舞台挨拶自体が危険だからだろ。非難するどころか物を投げつけたり舞台に上がって殴りかかったり。陸川監督のオフィスと契約したのも単に日本じゃ売れないからだろうに。矢野だって所詮は日本じゃ無名の俳優だしな。中和泉と木幡は今後もその手の話ぐらいしかないことを覚悟すべし。

ランキング
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんな映画に出たら二度と日本には帰って来られないと分かって参加したんだろうし自業自得。
るるべる 2009/05/12(Tue)23:12:40 編集
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved