忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´ー`)ノシ⇒ランキング

小売世界2位の仏カルフールが業績不振の理由とは―中国紙
3月5日9時10分配信 Record China

2010年3月3日、第一財経日報は、小売世界2位の仏カルフールの業績が振るわない原因は「利益確保の手段」「大株主の変更」「合併戦略」「臨機応変でない戦略」の4点にあると分析した。

海外市場での業績不振が続くカルフールだが、記事は同社が出入り業者から最も多く費用を徴収する小売業者だと指摘し、経営システムに問題があると分析する。小売世界最大手の米ウォルマートは高効率の物流システムを誇り、自社衛星により世界各店の在庫点検を1時間以内でできる。ウォルマートはこれにより、販売コストを同業他社より2~3%低く抑えている。しかし、カルフールは出入り業者などから費用を集めることによってしか販売コストをカバーできない。カルフールの内部関係者は「こうしたやり方はサプライヤーの力が強い地区や市場が成熟している先進国では通用しない」と話し、日本撤退や欧州での事業縮小、本国フランスやスペインなど4か国での売上減少を指摘する。

2つ目の原因は、大株主が交代したことにある。新しい大株主は一部の事業を譲渡することによって資金を回収する戦略を取っており、このことが現場社員の士気に影響を与えている。

3つ目は、合併がうまくいっていないこと。1999年、カルフールはフランスの当時の3大小売企業の一つ、プロモードを買収して欧州最大、世界第2の小売グループになった。しかし、合併による弊害も多く、その後は基本的に自社単独で店舗を増やしている。これが各地で異なる背景をもつ海外市場での業績不振につながっている。

4つ目は、臨機応変に対応できない戦略。中国で同社はかつて外資の小売企業として最大規模だったが、昨年50店舗を一気にオープンさせたウォルマートに抜かれている。

(ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000006-rcdc-cn
****************

ミケネコはカルフールが大嫌いです。その理由は次の5つ。

(1)買い物かご(カート)がでかすぎる
一応普通のかごもありますが、最終的に何を買うか決めていないお客が多いのでほとんどの人がカートを選択します。その割には通り道が狭かったりします。

(2)レジが遅い
日本の場合、レジを通す人と荷物をつめる人(場所)は別々になっていますが、中国のカルフールはレジ係が基本的に商品を袋に入れていきます。だらか物凄く時間が掛かります。

(3)陳列方法が煩雑
何でこんなところにこんなモノがあるの?と思うことちょっしゅう。道を塞ぐかのように置かれているそのモノに殺意さえ憶えます。

(4)それほど安くない
「カルフール=安い」というイメージがありますが、実はそれほど安くありません。

(5)休日の昼過ぎからめちゃくちゃ混む
中国人客多すぎ(;´Д`)

日本でも失敗したしねえ、と思った方はこちら。
(*´ー`)ノシ⇒ランキング

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/17 backlink service]
[03/19 rireerrardali]
[09/30 (^o^)風顛老人爺]
[08/16 ゆう!]
[07/26 ゆう!]
[07/24 いつかやると思ってた]
[05/24 (^o^)風顛老人爺]
[04/24 volf]
[03/21 るり]
[03/16 ミケネコ]
プロフィール
HN:
上海で働くミケネコ
年齢:
17
性別:
非公開
誕生日:
2000/02/02
職業:
特定アジアで働く特定アジアウォッチャー
趣味:
悪質サイト対決
自己紹介:
酒をこよなく愛するエロブログマニア。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ミケネコブログ2~中国生活と特アを考える~ All Rights Reserved